トラック買取で気になる7つの質問にズバリ回答

トラックを所有しているけれども、何らかの事情で手放したいと思っている、でもいろいろとわからない事・心配なことがあるという人もいるでしょう。そこでここでは、トラック買取の中でもしばしば問い合わせのある7つのポイントについて紹介していきます。こちらではトラックジャパンというトラックなどを専門的に買取している業者をベースにして、回答していきますから参考にしてみてください。

 

高額買取してくれるといいますが本当ですか?

トラックジャパンでは、お客さんの要望に極力応えられるように高額買取を目指しています。高額買取できるのには理由があって、日本国内外に多様な販売ルートを持っているためです。国内ではなかなか買い手のつかないような車両でも、海外に輸出すれば、それなりの額で買取してくれる場合もあります。

 

低年式のトラックを持っているけれども買取はしてくれる?

昔の低年式のトラックや過走行状態になっている車両は、一般的にはなかなか買取価格のつかないことが多いです。しかしトラックジャパンであれば、他では買取してくれないような車種でも査定金額のつく可能性があります。これも多様な販売ルートを持っていることが関係しています。また中には事故車で、もはや自走できないほどダメージの深刻なトラックを抱えている人もいるでしょう。このような事故車でも、トラックジャパンであれば買取してくれる可能性があります。トラックとしての再利用が難しくても、分解して使える部品があれば、それを中古マーケットに出して売却することも可能です。

 

見積書で提示された金額から差し引かれることは?

トラックジャパンでは、買取の前に見積書を作成して買取金額を提示します。もし事前にお客さんが提示した車両情報に虚偽がなければ、見積もり金額から実際の買取金額が引き下げられることはないです。見積書に書かれた金額が、売却すれば皆さんの手元に入ります。

 

買取してくれるトラックはどのような車種ですか?

どのようなトラックでもトラックジャパンでは買取可能です。小型から大型まで、特殊トラックでも買取可能です。その他にもブルドーザーやクレーン車、フォークリフトのような特殊車両でも買取できます。

 

トラックの査定ってどのように行われるの?

トラックの査定ですが、まず日本全国で行われている中古トラックのオークション相場を基にして、リアルタイムで適切な査定金額を提示します。またトラックジャパンでは独自の販売ルートを持っているので、それぞれの買取業者の提示額を比較して、最も高い金額を提示します。プラスして、個別のトラックの状態なども査定金額に加味していきます。オプションなどがついている場合、査定金額がアップすることも考えられます。

 

必要書類にはどのようなものがありますか?手続きはお願いできますか?

トラックを売却するにあたって、いくつか必要書類があります。車両によって若干の違いがありますが、車検証と自賠責保険証、納税証明書、印鑑証明書、商業登記簿謄本もしくは住民票になります。リサイクル料は、すでに購入した時に支払い済みの場合リサイクル券は提出の必要はありません。トラック売却するためには、名義変更などの書類手続きをしなければなりません。トラックジャパンではこの面倒な事務的手続きについて、すべて代行しますから皆さんは必要書類の提出をするだけで結構です。

 

トラック買取に対応している地域が知りたいです。

トラックジャパンでは、日本全国のトラック買取に対応しています。北は北海道から南は沖縄まで、どこでも買取対応できます。離島や山間の僻地のような所でも、査定をして買取を行います。他のトラック買取業者の中にも、日本全国で買取可能としているところもあります。しかし離島やへき地の場合、査定料金を別途で請求するところも見られます。トラックジャパンでは、どのような場所でも査定士が無料で査定を行いますから安心して依頼できるはずです。

 

気になることがあればまずは問い合わせから

以上で紹介した質問の他にも、トラック買取サービスを利用するにあたって、いろいろとわからないことがあるかもしれません。その場合には、トラックジャパンに問い合わせましょう。スタッフが丁寧にわかるように説明してくれます。フリーダイヤルなので、電話料金を気にする必要はありません。日曜日を除き、9時から20時まで受け付けていますから、お気軽に相談してみましょう。