基本売る側の方が立場が上であることを忘れずに

お手持ちのダンプを買取業者に売却するときに、せっかくですから少しでも買取金額を高くしたいと思うのが人情です。そこでまず重要なポイントとして押さえておきたいのは、買取業者との立場の関係性にあります。あくまでもダンプを売る側の方が買う側よりも上であるということを認識しましょう。たとえば買取業者が提示した金額が自分の想定していた額よりも低かったとします。その場合、その買取業者に売らなくてもいいわけです。あくまでもダンプを売却するかどうかの最終的な判断は、皆さんにあることを忘れないようにしましょう。

 

ダンプ買取業者を利用した人の中には、「専門家に値段を言われると安くてもなかなか突っぱねることができない」と感じている人もいるようです。しかし自分の希望が通らないのであれば、強気に交渉しても構いません。
ただし強気に交渉することと傲慢にふるまうこととは話が別です。自分の希望や主張をはっきり伝えることは大事ですが、傍若無人に何をやっても良いわけではないです。ビジネスの交渉をすると思って、きちんとマナーを押さえたうえで主張すべきところは主張するように心がけましょう。

 

査定には関係なくても洗車はすべし

ダンプに限らず、高い買取価格を提示してもらうためには洗車した方が良いとよく言います。しかし勘違いしてはいけないのが、洗車をしても査定額がプラスになるわけではない点です。ではなぜ洗車をする必要があるのか?このように疑問に感じる人もいるでしょう。これはダンプ買取業者の査定士に気持ちよく作業を行ってもらうためです。査定士も人間ですから、汚いダンプを見れば「あまり査定したくないな」とか「あまり高額な査定は出したくない」といった気持ちになります。

 

逆にきれいなダンプを見れば、少なくても嫌な気持ちにはならないはずです。「気持ちよく査定ができるからプラスになるポイントをできるだけ見つけてあげよう」とか「これだけ綺麗に洗車されているから状態も良いに違いない」と思って、結局全体的な査定のプラスにつながります。直接的なプラス査定にはならないものの、間接的なプラス査定の効果は十分期待できるわけです。オリンピックを機に、「おもてなし」という言葉が国内で再注目されています。ダンプの査定を受ける前に、ピカピカのきれいな状態にして査定士をもてなしてみるのはいかがですか?

 

直接販売するルートを持っているか?

ダンプの買取業者の中には、中間業者を介して中古ダンプを売却するケースも多いです。もし中間業者を通してしまうと、そこで中間マージンが発生してしまいます。このマージンのコストのことを考えて、買取価格はマージン分を差し引いた額になってしまいます。無駄なマージンをなくすために重要なのは、自前で中古ダンプを販売できる方法を確保できているかどうかです。このような余計な中間マージンの発生しない所で売却したいと思うのなら、トラックジャパンがオススメです。

 

トラックジャパンでは、査定や見積り、引き取り、事務手続き、中古ダンプの売却まですべて自社で行っているのが特徴です。このため、中間マージンが発生しない分、お客さんに還元する形で高額買取を実現しています。その他にも通常であれば、オークションなどを通じて中古車を売却します。しかしトラックジャパンの場合、独自の販売ルートを確立しています。直接売却ができる販売ルートをいくつも持っていて、中間業者を通さずに売却できるチャンネルをいくつも持っています。しかもその中から最も高く売れるルートを見つけて金額提示してくれるので、どのダンプの車種でも高額買取の可能性が期待できるわけです。

 

キャンペーンを有効活用

少しでも高くダンプを買い取ってほしいのであれば、キャンペーンの有無を確認することも大事です。実は中古トラックの買取業者の中には、各種キャンペーンを実施しています。トラックジャパンなどでは他社の査定を持ちこむと査定金額がアップするといったユニークなキャンペーンを実施しています。誰でもできることなので、うまく活用してダンプの査定額をアップしたいところです。

 

またトラックジャパンでは、複数のトラックやダンプを持ちこむことで無条件に査定金額が上乗せされるというキャンペーンを実施しています。トラックやダンプの他にも各種特殊車両の買取を実施しているので、いらない車両があればひとまとめにしてトラックジャパンに買取依頼した方が査定額はアップします。